Blog and Local topic

ブログ・周辺情報

ブログ

2022.07.13

1日24時間を「遊び・仕事・睡眠」で3分割したい

私は1日7時間以上眠らないと、「寝不足」と感じる。
会社の同僚は、4時間眠れば十分だそうだ。
とても不公平だ。


毎日、あれもしたい、これもしたい、
と思うことが山ほどあり、仕事を含めて、やらなきゃいけないことも山ほどある。

小学生のころ、学校の先生が、1日24時間の使い方について話してくれた。
「毎日を有意義に過ごしなさい」という趣旨だったと思う。
先生は一例として、
「8時間寝て、8時間仕事をして、8時間遊ぶ。これも有意義な使い方だ。」
と挙げた。
そんなことできるのか?と思ったが、今はこの生活がしたい。

実際の私の生活は、7時間半の睡眠、8時間の仕事、そして残りの8時間半は、スポーツジムに行くのが2時間程度、その残りは移動と家事と休憩に使ってしまっている。
家事、というのは洗濯・掃除のほか、自分がお風呂に入る時間なども含んでいる。
あーもったいない。

できることなら「睡眠」を一番短くしたい。
遊びの時間(自分の時間)は出来るだけ多くとりたい。
仕事はしっかり8時間で終わらせたい。

仕事の移動時間も「遊びの時間」に食い込むので、
結局しっかりと8時間とっているのは「仕事」だけじゃないか。
睡眠も7時間半とっていると8時間からオーバーすることも多いので、どうしても「遊び」の時間が減らされていく。
なんてことだ。

つまりは、睡眠も仕事も遊びも短時間でこなす術を身に付けたい、ということだという「まとめ」に自分自身納得する。

睡眠の質を上げるためにしたこと

●寝る前にパソコンの画面を見ない(スマホも)
●サプリメントを飲む
●枕を変える
●マットレスを変える

一番効果を感じたのは「睡眠の質を上げるチョコレート」だったと思う。
久しぶりに食べた甘いものに癒された。
寝る前のアルコールは睡眠には良くないようだけど、酒を飲んだら頭の中に停滞していた「考え事」が一時出ていってくれて、考えずに眠ることができた。マットレスを変えたことも良かった。
ストレスを開放することが重要なんじゃないかと思うようになった。

仕事の効率を上げるためにしたこと

●脳で考える仕事と、考えない「作業」を交互に行う
●45分集中したら、必ず席を立って休憩する
●1日の計画を立て、厳守する。スマホタイマーを活用。

きっちり8時間で仕事を終わらすには、効率化。
しっかり集中、しっかり休憩、この休憩があるとメリハリがついて結果はかどる。
スローワーク矢板では、45分オフィススペースでしっかり集中し、その後ラウンジに移動して好きなドリンクを飲みながら休憩する。ラウンジはカジュアルで落ち着いた雰囲気なので気分が和らぎ、すんなりと次の集中に入れるのを実感した。

思う存分遊ぶには

思う存分遊ぶには、思いっきり寝て、思いっきり仕事をする、結局これが一番。
仕事で良い事があった日はとことん楽しいし、酒もおいしい。
良く眠れた翌日は気持ちがいいし、パワーが出る。

仕事効率化
デュアルモニタを是非体験してほしい

↓はスローワーク矢板のオフィススペースにあるコンセントレーションスペース(concentration space)。グッドデザイン賞のチェアとモニタが1台。
ここに自分のPCを持参すればデュアルモニタで仕事ができる。

ROOM1/2 1時間550円※
サミットで使用のビジネスチェア

そしてROOM1、2の個室にはすでにモニタが2台。
デュアルモニタで仕事、さらに持参したPCで会議しながら3台のモニタを操れる。
究極に一人になりたい、集中したい、爆速で仕事を片付けたい、となったらここに来るのも良い。

書いた人

リモートデスクトップ

矢板市の会社員/プログラマー(独身)

リモートワークから出勤に変わりました。
毎日車で通勤しています。
ウェブ系システム開発が得意です。